クラウドファンディング・ソーシャルレンディングと他の投資との比較

全般

おすすめのクラウドファンディング・ソーシャルレンディング運用会社

  • クラウドバンク

    証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1(2018年3月調べ) 。1万円から投資が可能・嬉しい毎月分配が魅力のサービスです。

  • エメラダ・エクイティ

    プロ投資家が投資したベンチャー企業に「相乗り投資」できる点が最大の魅力です。Forbes Japan、日経トレンディにも掲載された、今、大注目のサービスです。

  • クラウドクレジット

    これまで日本では提供されてこなかった、欧州やラテンアメリカをはじめとする海外の消費者ローンや事業者ローン、延滞しているローンに投資を行うことが可能です。

クラウドファンディング・ソーシャルレンディングと他の投資との比較

最近話題のクラウドファンディング・ソーシャルレンディング。高い利回りが人気のサービスですが、株などの既存の投資と比べてどんな違いがあるのか? みていきたいと思います。

クラウドファンディング・ソーシャルレンディングのメリット

クラウドファンディング・ソーシャルレンディングとは、言い方は違いますが、内容は概ね同じと言えます。

クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いとは?
ソーシャルレンディングとは 当サイトは「クラウドファンディング・ソーシャルレンディングで安定資産運用」という名前ですが、「クラウドファンディング」は聞いたことがあっても「ソーシャルレンディング」は知らない、という方も多いのではないでし...

クラウドファンディングの意味は、クラウドの群衆・コンピュータクラウドをかけた造語になります。

仕組みとしては、広範な一般市民からの資金を募り、募金形式やリターン形式にて、金額を集め、企業体に融資し、その営業益で成り立つ産業になります。
つまり、融資のための資金を銀行から借りず、しかも、一般市民の金額を利用するという点が、従来の金融業とは違っています。

そして、寄付型のケースでは、緊急災害時の提供金額として保管する目的もあり、いわば社会慈善事業の性格を併せもつタイプの金融業です。

株取引にも似たような仕組みですが、株式取引に証券取引所を使用する意味とは異なっていて、リターンの形式の種類にもさまざまあります。

それは、財ではなく、サービスやプロダクツの種類であることが多く、配当という形で、優待された準顧客の意味合いが、企業からソーシャルレンディングを経由して払われます。リターン式では、金融の一部の回り方があります。

他投資媒体との比較

他投資媒体との比較では、まず株式を上げれば、株式においては仲介となる証券取引所のような性格とは違っています。

なので、トレーダーが仲介するようなものではなく、ソーシャルレンディングでは、端末を利用した、使用者のユーザーモビリティを優先しているので、より企業の顔を見ていく性格が強いです。

仲介として、ソーシャルレンディングがいますが、無理な営業をかぶせることはなく、個人の判断として、ベンチャー企業や非上場企業を見ていきます。
また、リターンに関しても、公に近い株式公表情報の利益率という訳ではなく、物品や商品の交換という形でも、ソーシャルレンディングは存在し、要するに、株券が発行されるわけではないけれども、特約や配当品があるという形です。

もちろん、金額配当の形式もあります。

株式における名義として所有しているわけではないので、企業の買収に役立つわけでもなく、役員になれるわけでもないという、安全策の利いた融資システムがクラウドファンディング・ソーシャルレンディングと言えるでしょう。

疑問点

疑問点としては、融資者が実際に納得して、資金を提供する意味があり、その亜系のクラウドファンディング・ソーシャルレンディングを標榜するタイプに限っては、悪質なものもあることは、否めないでしょう。

実際、株券を発行するわけではないので、その融資を受け取る方の企業体に関しても、ソーシャルレンディングの仲介会社は、審査の基準を上げていますので、信頼性という点が大きな違いとなります。

このためクラウドファンディング・ソーシャルレンディングにおいても、しっかりとした運用会社選びが非常に重要です。

まとめ

クラウドファンディング・ソーシャルレンディングは、主に、上場企業ではない、ベンチャーに特化した方向性もありますので、ベンチャー企業が好きだという意味において、より投資家の個性や動向に影響を受ける、融資媒体だと言えます。

 

厳選! おすすめサービス3選

多くのソーシャルレンディング・クラウドファンディングサービスを試した私がオススメするのはこちら!
  • エメラダ・エクイティ

    プロ投資家が投資したベンチャー企業に「相乗り投資」できる点が最大の魅力です。Forbes Japan、日経トレンディにも掲載された、今、大注目のサービスです。

    口座開設

  • クラウドバンク
    クラウドバンク

    証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1(2018年3月調べ) 。1万円から投資が可能・嬉しい毎月分配が魅力のサービスです。

    口座開設

  • クラウドクレジット

    これまで日本では提供されてこなかった、欧州やラテンアメリカをはじめとする海外の消費者ローンや事業者ローン、延滞しているローンに投資を行うことが可能です。

    口座開設

 

その他おすすめサービス

  • ラッキーバンク

    全案件、不動産担保で安心のソーシャルレンディングサービスです。無料で口座が開設でき、利回りも年6%~10%と好利回り。数万円からはじめられるところも魅力です。

  • 株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO

    国内初の株式投資型クラウドファンディングサービス! 非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める画期的な仕組みです。

  • PocketFunding

    アジア最大マーケットの中心、沖縄からクラウドファンディング登場! 県の政策であるアジアのハブ化構想、ストックビジネスや企業誘致として県外・海外から続々と沖縄に進出してきています。

  • SBIソーシャルレンディング

    あのSBIグループによるソーシャルレンディング。金融大手ならではの安心感。登録・販売手数料および分配金の振込手数料も無料です。