少額・個人でベンチャー投資「エメラダ・エクイティ」の魅力

エメラダ・エクイティ

おすすめのクラウドファンディング・ソーシャルレンディング運用会社

  • クラウドバンク

    証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1(2018年3月調べ) 。1万円から投資が可能・嬉しい毎月分配が魅力のサービスです。

  • エメラダ・エクイティ

    プロ投資家が投資したベンチャー企業に「相乗り投資」できる点が最大の魅力です。Forbes Japan、日経トレンディにも掲載された、今、大注目のサービスです。

  • クラウドクレジット

    これまで日本では提供されてこなかった、欧州やラテンアメリカをはじめとする海外の消費者ローンや事業者ローン、延滞しているローンに投資を行うことが可能です。

エメラダ・エクイティは、インターネットを通じて、個人から資金調達を可能にするクラウドファンディングのうち、株式投資型クラウドファンディングと呼ばれるサービスです。

国内ではまだ数少ないサービスであるエメラダ・エクイティの魅力について、ご紹介いたします。

1. エメラダ・エクイティの仕組み

株式投資型クラウドファンディングサービスであるエメラダ・エクイティとは、これまでベンチャーキャピタル等のプロ投資家のみが行っていたベンチャー企業への投資を個人投資家が気軽に行える仕組みのことを言います。

具体的には、個人投資家が少額(1社当たり49万円以下)から未上場のベンチャー企業に投資ができ、その対価として株式を購入する権利である新株予約権を取得し、投資先企業が株式上場(IPO)や企業売却(M&A)を行うタイミングで、新株予約権で得た株式等を売却することにより、個人投資家が利益を得る仕組みとなっています。

2.エメラダ・エクイティの5つの魅力

(1)企業が上場(IPO)や売却(M&A)をすれば利益が期待できる

投資先企業が株式上場(IPO)をした場合、個人投資家は新株予約権により発行された株式を、株式市場で「投資額以上の価格」で売却できれば利益を得られます。いわゆる「未上場株投資」といわれる投資です。

投資先企業が上場できる可能性は決して高いとは言えませんが、もし上場できた場合は、莫大な利益が期待できます。また、仮に上場できなくても、大手企業に売却(M&A)できる可能性もあります。

ベンチャー企業に投資できるということはこのような夢があります。また、顧客紹介・人材紹介・経営アドバイス・PR活動などを通じて、投資先企業の成長を具体的に応援できることも大きな魅力の一つです。

(2)プロ投資家に相乗り投資ができる

エメラダ・エクイティの投資先企業は、既にベンチャーキャピタル等のプロ投資家によって出資されている企業に限定されています。

つまり、プロ投資家がビジネスモデルや将来性を見込んで出資を行っているベンチャー企業に、個人投資家が相乗り投資をできることになります。

(3)煩雑な手続きがない

通常、ベンチャー企業に投資する場合は、煩雑な事務手続きが数多く発生します。しかし、エメラダ・エクイティを通して投資を行う場合は、契約締結等の一切の事務手続きを事業者に代行してもらえます。そのため、個人投資家は投資先情報の分析等に専念することができます。

(4)資金は分別管理されている

エメラダ・エクイティで投資を行う場合、投資家の資金は分別管理されます。投資家が預け入れた資金は事業者の資金とは分別して、信託銀行に保管されています。そのため、万が一事業者が倒産した場合でも、資金は保全され返還されます。

(5)投資先の顔が見える

融資型クラウドファンディングであるソーシャルレンディングにおいては、融資を受けた企業の詳細な情報を、個人投資家は確認することができません。

しかし、株式投資型クラウドファンディングであるエメラダ・エクイティの場合、個人投資家は投資先企業について検討するときに、ビジネスモデル・経営ビジョン、事業戦略・経営者の熱意や経歴・主な出資者等の情報を確認することができます。

また、個人投資家のもとには投資後も、投資先企業の情報が随時送られてきます。投資先企業の成長をじっくりと見守りながら応援することができます。

3.エメラダ・エクイティの注意点

(1)ハイリスクハイリターン投資である

未上場企業のベンチャー企業への投資であるということは、極めてリスクが高い投資と言えます。元本割れのリスクはもちろん、投資先のベンチャー企業が上場も売却もできなかった場合、投資資金はゼロになってしまうリスクもあります。
  
「リターンが返ってくればいいな」くらいの気持ちで、むしろ、こういったリスクを取っても応援したいと思えるベンチャー企業があれば投資する、というスタンスが大切です。

(2)流動性が極めて低い

株式投資の場合、保有する株式をマーケットでいつでも処分して現金化できます。しかし、エメラダ・エクイティで投資した場合、流動性が極めて低いため現金化や売却はほぼ不可能です。急な資金需要には対応できないため、余裕資金で投資することが大切です。

(3)途中解約できない

エメラダ・エクイティに限らず、ほとんどのクラウドファンディングにおいて途中解約は認められていません。投資後は、IPOやM&Aなどのイグジット(出口)を待つしかありません。

(4)10年で失効する

エメラダ・エクイティで取得する新株予約権の権利は、10年間経過すると自動的に消滅してしまいます。そのため、10年の期限到来までに、個人投資家は権利を行使して株式を取得するのか、権利放棄をするのかの判断を行う必要があります。

個人投資家は、投資先ベンチャー企業が最終的にIPOなどのイグジットを迎えられる可能性があるのかどうかを見極める必要があります。出資しているベンチャーキャピタルなどのプロ投資家が撤退するか否かも判断の材料となるでしょう。

どうしても応援したい企業と思えるのであればイグジットに関係なく、株式を取得するということもありかもしれません。

4.まとめ

IPOやM&Aといったイグジットを迎えられるか否か、読みにくいリスクはありますが、個人投資家の未上場企業への投資を実現したエメラダ・エクイティは画期的な株式投資型クラウドファンディングと言えます。

・ベンチャー企業への投資を通じて社会貢献がしたい方
・企業の目利きに自信のある方
・プロ投資家が投資している企業に投資したい方
  
上記のような個人投資家の方には、エメラダ・エクイティはフィットする金融商品ではないでしょうか。今後、健全な仕組みに成長していくことを期待して注目しましょう。

 

厳選! おすすめサービス3選

多くのソーシャルレンディング・クラウドファンディングサービスを試した私がオススメするのはこちら!
  • エメラダ・エクイティ

    プロ投資家が投資したベンチャー企業に「相乗り投資」できる点が最大の魅力です。Forbes Japan、日経トレンディにも掲載された、今、大注目のサービスです。

    口座開設

  • クラウドバンク
    クラウドバンク

    証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1(2018年3月調べ) 。1万円から投資が可能・嬉しい毎月分配が魅力のサービスです。

    口座開設

  • クラウドクレジット

    これまで日本では提供されてこなかった、欧州やラテンアメリカをはじめとする海外の消費者ローンや事業者ローン、延滞しているローンに投資を行うことが可能です。

    口座開設

 

その他おすすめサービス

  • ラッキーバンク

    全案件、不動産担保で安心のソーシャルレンディングサービスです。無料で口座が開設でき、利回りも年6%~10%と好利回り。数万円からはじめられるところも魅力です。

  • 株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO

    国内初の株式投資型クラウドファンディングサービス! 非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める画期的な仕組みです。

  • PocketFunding

    アジア最大マーケットの中心、沖縄からクラウドファンディング登場! 県の政策であるアジアのハブ化構想、ストックビジネスや企業誘致として県外・海外から続々と沖縄に進出してきています。

  • SBIソーシャルレンディング

    あのSBIグループによるソーシャルレンディング。金融大手ならではの安心感。登録・販売手数料および分配金の振込手数料も無料です。