クラウドファンディング・ソーシャルレンディングのメリットとデメリット

その他

おすすめのクラウドファンディング・ソーシャルレンディング運用会社

  • クラウドバンク

    証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1(2018年3月調べ) 。1万円から投資が可能・嬉しい毎月分配が魅力のサービスです。

  • エメラダ・エクイティ

    プロ投資家が投資したベンチャー企業に「相乗り投資」できる点が最大の魅力です。Forbes Japan、日経トレンディにも掲載された、今、大注目のサービスです。

  • クラウドクレジット

    これまで日本では提供されてこなかった、欧州やラテンアメリカをはじめとする海外の消費者ローンや事業者ローン、延滞しているローンに投資を行うことが可能です。

クラウドファンディング・ソーシャルレンディングのメリットとデメリット

クラウドファンディングと言う言葉は知っていても、ソーシャルレンディングと言う言葉は意外と知られていません。

クラウドファンディング・ソーシャルレンディングは4つの種類があるクラウドファンディングの1つで、融資型クラウドファンディングとも呼ばれるものです。
4つのクラウドファンディングは、購入型、寄付型、融資型、投資型の4つで、一般的に購入型や寄付型は良く知られていますが、融資型はまだまだ知られていないのが実態です。
本記事では、この融資型クラウドファンディングの仕組みと、メリット・デメリットについて概要を説明したいと思います。

融資型クラウドファンディング≒ソーシャルレンディング

融資型クラウドファンディング(≒ソーシャルレンディング)は、資産運用したい個人投資家から小口の資金をクラウドファンディング事業者が集めて、それを大口化して借り手企業にまず融資を行います。融資を受けた企業は、その融資資金で特定案件の事業を行い、一定期間の経過後、元本と利息を事業者を通じて出資者に返済するという仕組みです。

この融資型クラウドファンディングの最大の特長は利息が高いと言う点です。安全ではありますが、銀行の定期預金の金利が0.01%程度なのに対して、5~10%と非常金利が高いのです。
またその他のメリットとしては、1万円と言う小額から投資が出来る事、さらに一度投資すれば収益が入るのを一定期間待つだけで、株やFXの様に常にその価値の上昇・下落に注意を払うと言った気遣いが不要なため、学生や主婦等の投資経験がない初心者に非常に向いている点も大きなメリットと言えます。

融資型クラウドファンディングのデメリット

利率が高く、手軽に投資できるメリットがある融資型クラウドファンディングですが、投資である限りリスクやデメリットもあり、これもしっかりと理解して投資する必要があります。

リスクとしては3つが挙げられます。第1は元本保証ではなく、貸付先の企業や個人が返済不能な状態に陥った場合には、金利はおろか貸した元金も戻ってこないと言う可能性がある点です。

このリスクは、クラウドファンディング事業者が、融資先や案件を吟味している事もあり、全体の1%以下となっていますが、それでも現実にこうした事態も起こり得ると言う事です。

第2のリスクは、小口資金を集めて企業に融資するクラウドファンディング事業者が経営破綻するリスクです。

経営破たんした場合には、そのクラウドファンディング事業会社が投資家の資金と運営資金を明確に分ける分別管理の仕組みを取っていなければ、投資した資金は戻ってこない事になります。
従って、事業会社がこうした分別管理を行っているかを事前に把握して、リスク回避を図る事を考えておく必要があります。

そして第3のリスクとしては、投資はしたものの、急にお金が必要になって解約したいと思っても、途中での解約や売却が出来ないと言う点です。
途中解約ができない点を理解して投資すれば、リスクと言うほどではなくデメリットと言うレベルかも知れません。

融資型クラウドファンディング・ソーシャルレンディング まとめ

利率が高くて小口で手軽に投資できる事から近年人気が高まっている融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)ですが、デメリットもしっかりと理解した上で、始めるべきだと言えるでしょう。

 

厳選! おすすめサービス3選

多くのソーシャルレンディング・クラウドファンディングサービスを試した私がオススメするのはこちら!
  • エメラダ・エクイティ

    プロ投資家が投資したベンチャー企業に「相乗り投資」できる点が最大の魅力です。Forbes Japan、日経トレンディにも掲載された、今、大注目のサービスです。

    口座開設

  • クラウドバンク
    クラウドバンク

    証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1(2018年3月調べ) 。1万円から投資が可能・嬉しい毎月分配が魅力のサービスです。

    口座開設

  • クラウドクレジット

    これまで日本では提供されてこなかった、欧州やラテンアメリカをはじめとする海外の消費者ローンや事業者ローン、延滞しているローンに投資を行うことが可能です。

    口座開設

 

その他おすすめサービス

  • ラッキーバンク

    全案件、不動産担保で安心のソーシャルレンディングサービスです。無料で口座が開設でき、利回りも年6%~10%と好利回り。数万円からはじめられるところも魅力です。

  • 株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO

    国内初の株式投資型クラウドファンディングサービス! 非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める画期的な仕組みです。

  • PocketFunding

    アジア最大マーケットの中心、沖縄からクラウドファンディング登場! 県の政策であるアジアのハブ化構想、ストックビジネスや企業誘致として県外・海外から続々と沖縄に進出してきています。

  • SBIソーシャルレンディング

    あのSBIグループによるソーシャルレンディング。金融大手ならではの安心感。登録・販売手数料および分配金の振込手数料も無料です。