ソーシャルレンディングのリスクを理解しよう

全般

おすすめのクラウドファンディング・ソーシャルレンディング運用会社

  • クラウドバンク

    証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1(2018年3月調べ) 。1万円から投資が可能・嬉しい毎月分配が魅力のサービスです。

  • エメラダ・エクイティ

    プロ投資家が投資したベンチャー企業に「相乗り投資」できる点が最大の魅力です。Forbes Japan、日経トレンディにも掲載された、今、大注目のサービスです。

  • クラウドクレジット

    これまで日本では提供されてこなかった、欧州やラテンアメリカをはじめとする海外の消費者ローンや事業者ローン、延滞しているローンに投資を行うことが可能です。

ソーシャルレンディングのリスクを理解しよう

最近、何かと話題のソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を貸したい人をマッチングするネットサービスのことです。

掲載されている案件の中から、自分が好きな案件を選んで投資して、運用期間が終了したら元本とリターンを得るという形が一般的です。

どの案件も比較的金利が高めなことから、投資対象の一つとして注目を集めています。

しかし、その反面でソーシャルレンディングには、さまざまな落とし穴も存在します。

そこで今回は、ソーシャルレンディングに潜むリスクについて解説しようと思います。リスクの軽減に役立てて頂ければ幸いです。

融資先と運用会社のリスク

まず、融資先及び、ソーシャルレンディングのサービス運営会社に関するリスクについて説明します。

融資先の貸し倒れ、債務不履行

まず、融資先の会社が貸し倒れや債務不履行によって、貸したお金が返済できないという状況に陥る可能性があります。

冒頭にも触れたように、ソーシャルレンディングはリターンが高いのですが、その反面でお金を借りる側としてはハイリスクな資金調達ともいえるためです。

また、このような状態に陥った場合、投資したお金を回収することは、ほぼ不可能だと思っておく必要があります。

運営会社の信用度

ソーシャルレンディングのサービスは、貸金業法という法律に抵触しないための回避手段として、匿名組合契約と呼ばれる契約に基づいた運用が行われています。

そのため、投資家と融資先はお互いに匿名状態になるため、相手の素性がわからないというリスクが発生します。

つまり、投資家は融資する相手の素性を詳しく知ることができないため、ソーシャルレンディングサービスを運営する会社を経由して情報を得るしかないのです。

従って、運営会社が信用できる企業であるか否かが、非常に重要となります。

また、運営会社によって、案件の情報開示も大きく異なります。そのため、運用会社の情報開示に対する姿勢をみることも、リスク回避における大切なポイントとなります。

サービスそのものに潜むリスク

次は、ソーシャルレンディングというサービスそのものに付随するリスクについて説明します。

信託保全がない案件が多い

通常、株式や投資信託といったサービスは、運営側が顧客の資産を信託銀行などの第三者機関に預けることでリスクヘッジします。

これを信託保全と呼ぶのですが、ソーシャルレンディングでは、信託保全がない案件が非常に多いのというのが特徴です。

投資家からの預託金を分別管理している運用会社は数多く存在しますが、信託保全まで実施しているところは少ないというのが実情です。

また、投資資金を後払いする案件においては、預託金口座は設けられないのが普通です。

従って、信託保全されていない場合、預託金口座も設けない方が賢明といえます。

流動性が低い

ソーシャルレンディングの案件は、途中解約や売却などができないものがほとんどです。

また、投資申請をキャンセルできるタイミングに関しても、案件によって異なります。

特に、キャンセルそのものができない案件や、オンラインではキャンセルを受け付けていない案件などもあるため注意が必要です。

こうした流動性が低い点が、ソーシャルレンディングの大きなリスクであり、急な資金が必要になった場合など臨機応変に対応できない可能性があるという点を、あらかじめ認識しておく必要があるのです。

融資先が負う貸出金利のリスク

「リターンの高い案件はリスクも高い」というのは、投資家であれば、ある程度は認識できることかと思います。

ですので、利回り10%といった案件には手を出さなくても、5%の案件であれば安心だろうと考えてしまいがちです。

しかし実際は、運営会社の手数料が加わっているため、例えば運営会社の手数料を5%とした場合、融資先が負う貸出金利は10%ということになります。

従って、案件の利回りだけで判断するのは危険であり、融資先が負う貸出金利が何%なのかも想定した上で判断していく必要があるのです。

リスク回避のコツ

最後に、ソーシャルレンディングで資産運用するコツについて紹介します。

融資額は少額、分散

ここまでに紹介した通り、ソーシャルレンディングは、ミドル~ハイリスクハイリターンな投資です。

従って、一つの案件に全額資産を投資するといったことは、絶対に避けるべきです。

複数の案件に融資額を分散させて、できるだけ少額な余剰資産の範囲で運用するのがおすすめです。

信頼できる運用会社か見極める

ソーシャルレンディングは、前述した匿名組合契約に基づいて運用されるため、融資先が孕むリスクを認識することが困難です。

そのため、運用会社の審査、管理体制がどの程度厳格に行われているかという点が非常に重要といえます。

また、運用会社自体の資金力や体力があるかどうかも、重要な見極めポイントとなります。

ソーシャルレンディングにおけるリスクを下げる最も効果的な方法は、信頼できる運用会社を選ぶことと言っても過言ではありません。

まとめ

ソーシャルレンディングはリスクも高いですが、銀行の金利がほとんどつかない現状において、そのリターンの大きさは投資対象として非常に魅力的です。

サービスの特性を把握した上で、リスクを回避できれば、うまく資産運用することも可能です。

今回ご紹介した内容を参考に、ソーシャルレンディングを資産運用先の一つとして活用してみるのはいかがでしょう。

 

厳選! おすすめサービス3選

多くのソーシャルレンディング・クラウドファンディングサービスを試した私がオススメするのはこちら!
  • エメラダ・エクイティ

    プロ投資家が投資したベンチャー企業に「相乗り投資」できる点が最大の魅力です。Forbes Japan、日経トレンディにも掲載された、今、大注目のサービスです。

    口座開設

  • クラウドバンク
    クラウドバンク

    証券会社が取り扱う融資型クラウドファンディング シェアNo.1(2018年3月調べ) 。1万円から投資が可能・嬉しい毎月分配が魅力のサービスです。

    口座開設

  • クラウドクレジット

    これまで日本では提供されてこなかった、欧州やラテンアメリカをはじめとする海外の消費者ローンや事業者ローン、延滞しているローンに投資を行うことが可能です。

    口座開設

 

その他おすすめサービス

  • ラッキーバンク

    全案件、不動産担保で安心のソーシャルレンディングサービスです。無料で口座が開設でき、利回りも年6%~10%と好利回り。数万円からはじめられるところも魅力です。

  • 株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO

    国内初の株式投資型クラウドファンディングサービス! 非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める画期的な仕組みです。

  • PocketFunding

    アジア最大マーケットの中心、沖縄からクラウドファンディング登場! 県の政策であるアジアのハブ化構想、ストックビジネスや企業誘致として県外・海外から続々と沖縄に進出してきています。

  • SBIソーシャルレンディング

    あのSBIグループによるソーシャルレンディング。金融大手ならではの安心感。登録・販売手数料および分配金の振込手数料も無料です。